スポンサーリンク

パチスロ6号機で「AT機復活」など、規制緩和がくる!?

スポンサーリンク
nayamuパチスロ
スポンサーリンク

悩む人

本日パチスロ6号機の自主規制内容が発表されました。

内容は下記となっております。

1月31日、オーラム ラ・サルローヤルにて「第15回 回胴式遊技機製造業者連絡会」が開催された。
会議終了後に、回胴式遊技機の新たな自主的な措置(6.0号機基準)に関するプレス説明会が行なわれ、その内容が発表された。

規則改正の内容を踏まえて、有利区間が終了する条件に、最大ゲーム数の1500回に加え、最大増加数2400枚を追加。
その代わりに、短い時間で遊べる遊技機の提供を可能とするため、傾斜(いわゆるARTの純増枚数)に関する規制、「入賞Sim出玉率<1.0」を廃止。
いわゆるAT機の開発も可能となる。

その他、指示機能の性能に設定差を設けることができるようになる。

日電協の岩堀技術委員長は「今回の措置で開発自由度が高くなり、会社帰りのサラリーマンなどが気軽に遊べる遊技機の提供が可能となる。また、この趣旨に反する遊技機に関しては厳しい対応をとっていく」と述べた。

なお、この措置は、2018年4月1日以降に型式申請する回胴式遊技機から適用される。
2018年3月31日までの間は、現行の5.9号機基準を遵守した遊技機を申請すること、としている。

パチンコビレッジ様より引用

6号機の変更ポイントをまとめると以下の3点になります。

  1. 有利区間の終了条件に最大増加数2,400枚が追加
  2. AT機の解禁
  3. 設定差の解禁
スポンサーリンク

変更点の解説

有利区間に最大増加数2,400枚が追加

5.9号機では有利区間の終了条件が1,500Gまで、という縛りがありましたがさらに「2,400枚を上限」という条件が追加されます。

これまで最大約3,000枚のところが2,400枚になるので、一見マイナスな条件に見えますがそれを引き換えに?AT機が解禁になるならば、例えば仕事帰りでも十分に戦える条件になるのでは、と思っています。

AT機の解禁

今回の目玉だと感じているAT機の解禁!

どうしてもART機だと出玉スピードが遅く、夕方以降の立ち回りが制限されがちな環境でしたが、高純増AT機が復活すればある程度気軽に遊べるようになるのでは無いでしょうか?

純増何枚になるのか?など今後目が離せない注目ポイントだと思います。

設定差の解禁

5.9号機ではART突入率などに設定差が設けられませんでしたがこちらも解禁になるようです。

設定判別はスロットの醍醐味の一つだと思うので、これもメーカーやホールがうまく活用して楽しめるようになると良いですね。

良いことばかりではない?6号機の注意点とは

ここまでいい感じのことだけ書いてみましたが、当然良くないこともあります。

大きいポイントは「最大増加数2,400枚」まで、ということ。

パチスロはパチンコと違って、ここまで打ったら強制的に当たるよーという「天井」がありますが、そこまで打って最大2,400枚でどこまで取り戻せるのか?

朝イチから打ちに行って負けて、ハイエナばっかりが勝つような環境になったら朝から行く意味ないしつまらないですよね。

メーカーがどういった対策をしてくるのか、はたまた何もしないのか注目ですね。

まとめ

今回発表された内容は4月1日から適用され、検査が通り早ければ夏以降頃から導入が始まると見込まれているようです。

もう絶望する必要なんてない!パチスロ環境になると良いですね。

今回もご愛読ありがとうございました!今後も新情報が入り次第随時更新いたしますので、次回以降もよろしくです!

スポンサーリンク
パチスロ
taka-pachibloをフォローする
ぱちぶろ!

コメント