スポンサーリンク

CRフィーバーR-18 スペック・ボーダー・止め打ち|パチンコ

スポンサーリンク
フィーバーR-18スペック・ボーダー
スポンサーリンク

SANKYOより導入「CRフィーバーR-18」のスペックボーダーなどのまとめ、解説ページです。

新情報を随時更新していきますので、ぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

スペック

大当たり確率1/239.2 → 1/87.7
タイプST機
確変突入率100%
ST回数80回
賞球4&1&4&3&12/10C
導入日2018年4月16日
導入予定台数約7,000台

ラウンド振り分け

ヘソ

ラウンド電サポ払出振り分け
16R確変ST80回1920個42.5%
6R確変ST80回720個32.5%
3R確変ST80回360個25.0%

電チュー

ラウンド電サポ払出振り分け
16R確変ST80回1920個50.0%
6R確変ST80回720個30.0%
3R確変ST80回360個20.0%

ボーダー

交換率表記出玉出玉5%減
2.5円27.829.3
3.0円25.126.4
3.3円23.825.1
3.5円23.024.2
4.0円(等価)21.622.7

※6時間遊戯、出玉5%減を考慮

ゲームフロー

大当たり時は100%ST突入、通常時の大当たりは図柄でラウンド数を示唆しており、振り分けは以下の通り。

  • 青図柄当たり…3R
  • 緑図柄当たり…6R
  • 赤図柄当たり…16R

止め打ち

電サポの開放パターンはSANKYOお得意の複数パターンが存在するため、完全な止め打ちは難しいですが、簡易的な止め打ちでも効果があるので、実践してみてください。

電サポ中の止め打ち手順

電チューが開く瞬間に2個打ち出しを繰り返す

大当たりラウンド間の止め打ち手順

オーバー入賞は狙いにくいため、カウント数丁度の打ち出しがおすすめ。

ラウンド間のインターバルが長いため、止め打ち必須。

解説

ライトミドルタイプでありながら、ST突入率100%であり、ヘソから16Rも取れる振り分けなので、ある程度安定しそうです。

ただし、STの継続率が低いため、3R大当たりに偏ったり、連チャンを取れなかったりすると爆死するスペックになっているため、1発大きいのを狙うよりかは、1日粘り、1ヶ月単位とかの長期的な収支を見て立ち回る必要がある台になっています。

 

コメント

  1. […] フィーバーR-18 […]